タイ観光ビザ

スポンサーリンク

条件を満たせば特に手続き不要で入国可能

スポンサーリンク

無査証滞在の条件

日本国籍であればノービザで滞在可能な日数は1回につき、
空路入国は
30日(29泊30日)以内、陸路入国は15日(14泊15日)以内
(外交・公用 日本の外交・公用パスポート所持者は90日以内の滞在であれば査証不要)
入国審査官がパスポートに押印する滞在期間を確認すること。
渡航目的:観光目的 
※観光目的以外はビザ(査証)が必要
国際規定によりパスポートの残存日数が入国時6ヶ月以上

入国時、タイから出国するための予約済航空券又は他国へ出国する航空券、乗船券を所持している事
入国時、1人10,000バーツ(または相当額の外貨)以上の現金所持

※タイ政府は2014年8月12日以降入国の外国人に対して、査証免除措置を使って陸路、空路を問わず滞在目的に合致したビザ(査証)を取得することなく出入国を繰り返し、事実上、長期滞在を行う者(所謂、ビザラン)に対する規制を厳格に適用するとしています。
また、オーバーステイした観光客に対してはタイ出国時に超過分1日につ500バーツの罰金が課せられ、次回入国時に困難が発生する場合があります。

30日以上滞在予定、あるいは観光目的以外で入国する場合のビザ取得

30日以上滞在予定、あるいは観光目的以外で入国する場合、タイ王国大使館(東京)、タイ王国大阪総領事館、タイ王国名古屋名誉総領事館でビザを取得する必要があります。
申請は原則、現在住まいのある住所の管轄先で申請する必要があり、旅行会社の代理申請は可能ですが、タイ王国大使館(東京)では観光、トランジット以外のビザ申請は全て本人申請です。

ビザ延長について

観光ビザの場合更に1ヶ月の延長が可能です。滞在期間の延長を希望する場合、バンコクの入国管理局にその旨申請して下さい。
申請は英語で行い、申請所要時間は約1時間、申請料は1,900バーツです。

イミグレーション(入国管理局)ビザ延長など

バンコク入国管理局 Immigration Division 1
The Govenment Complex Commemorating His Majesty, B Building ,Floor 2 (South Zone) Chaengwattana Road (Soi 7) , Laksi , Bangkok 10210
Tel:02-141-9889, Fax:02-143-8228
(開館時間)月~金 8:30~12:00 、13:00~16:30
(閉館日)土・日・祝日
地図(Immigration Division 1  )

~ 注意 ~

ビザ要否に関する情報はその時点で客観的な情報を提供ですが、ビザ要否の規定は変更される場合があり、将来に渡りその内容を保証するものではありません。渡航前にご自身で大使館へご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました