LCC ベトジェットエア(Vietjet Air)VJ/VJCの手荷物詳細

スポンサーリンク
スポンサーリンク

持込/受託手荷物規定(個数、サイズ、重量)

LCC利用時の注意点

機内持ち込み手荷物は、
2歳未満の幼児を除く1人に対して荷物2個、総重量7 kgまで。

キャリーケースなどの主要手荷物1個に加えて、
小さな手荷物(ラップトップバッグもしくはハンドバッグいずれか)1個
合計2個まで持ち込めます。

小さな手荷物は、
30cm×20cm×10 cmを超えない寸法の女性用ハンドバッグまたは本、雑誌、カメラ、子供用食品キット、免税品など。

各辺のいずれかが規定サイズを超える場合には、
預け入れ(受託)荷物となります。

機内持ち込み手荷物は7kgまで

追加料金なし、無料範囲内の機内持込手荷物規定
【総重量合計】7kgまで
【大きさ】56cm x 36cm x 23cm以内 30cm×20cm×10cm以内
【個数】2個 キャリーバッグ +(PCバッグもしくはハンドバッグ)

VietJetAir.com手荷物サービス

・ジャケットバッグは114cm×60cm×11cmが上限
・ラップトップバッグは40cm×30cm×10cmが上限

LCC用 携帯吊り下げ式 ラゲッジチェッカー

ショッピングキャリー ショッピングカート 4輪 機内持ち込みサイズ 出張用 リュック 完成品

 

主要LCCキャリア各社の手荷物サイズ規定に、
総合的に対応できるスーツケースのサイズについて。

スクートはオプション追加なしで3kg多い10kgまで!!

ピーチはオプション追加なしで7kgまで!!  ※2018年10月28日搭乗分から10kg ⇒ 7kg以内に変更
ジェットスター航空は同じく7kg、オプション申込で+3kg、計10kgまで機内持込可能
エアアジアグループは同じく7kgまで。
バニラエアは同じく7kgまで。


春秋航空は5kgまで。

預け入れ(受託手荷物)の規定(個数、サイズ、重量)

上記機内持ち込み手荷物以外に預け入れ荷物がある場合は、
事前に預け入れ(受託手荷物)を購入します。

最大重量が1個あたり32kgまで
縦 119cm × 横 119cm × 高さ 81cm

運賃タイプごとの手荷物規定

受託手荷物のありなしという観点でみると運賃タイプは、
預け入れ(受託)手荷物なし、機内持ち込み手荷物7kgのみの「プロモ」「エコ」と、
受託手荷物もセットになった「スカイボス」の2種類に大きく分けられ、

「スカイボス」にのみ運賃に、
預け入れ(受託)手荷物30kgや及びその他のサービスが含まれています。
機内持ち込みも重量が3kg増えて、
一人あたりの持ち込み可能な手荷物の運賃に含まれる無料枠の最大総重量は40kgまでです。

「プロモ、エコ」運賃 

【無料枠】
総重量7㎏:機内持込分7㎏
個数制限2個

スカイボス」運賃 10+30kg

機内持ち込み10kgに加えて預け入れ(受託)手荷物30kgが運賃に含まれており無料

【無料枠】
総重量40kg:機内持込分10㎏+受託分30㎏
個数制限:機内2個+受託手荷物

どうしても重量が削れない場合には追加で購入

受託手荷物(預け入れ荷物分)は追加購入可能です。

路線により料金が異なります。
受託手荷物の追加パッケージは15キロまでは一律で、
以降5キロごとに料金が変わる体系となっています。
以下、関西、成田発着のベトナム行国際線(直行便)の料金です。

※ ハノイ経由のミャンマー(ヤンゴン)、カンボジア(シェムリアップ)行の便やその他の短距離国際線、ベトナム国内線などは料金が異なります。

日本円換算はあくまでもわかりやすく考えるためのおおよそ目安の金額です。

~15kg:420,000 VND(≒¥2,100-)
~20kg:530,000 VND(≒¥2,650-)
~25kg:630,000 VND(≒¥3,150-)
~35kg:840,000 VND(≒¥4,200-)
~40kg:1,000,000 VND(≒¥5,000-)

1ドン≒¥0.0050-三菱UFJリサーチ&コンサルティング | 外国為替相場 | 世界の為替相場

VietJetAir.com手数料およひ料金

最大寸法が200 cm×119cm×81cm以内の、
オーバーサイズバゲージ (大型受託手荷物)については20キロまでは一律で、
以降30キロまでの2段階の料金体系となっています。
(出発予定時刻3時間前までは重量追加可能)

~20kg:930,000VND(≒¥4,650-)
~30kg:1,240,000VND(≒¥6,200-)

VietJetAir.com手数料およひ料金

受託手荷物の超過料金は法外なレート!

※ 事前申込なしでの規定重量超過時には、
超過分が事前申込よりも割高の単価で1㎏ごとに料金加算され

事前申込時よりも超割高の単価となります。
荷物は事前(できればチケット予約前)に荷造りして大きさと重さを把握しておき、
行きも帰りも必ず狙った重量内に収めるのがポイントです。

※ 超過料金の超高額レート ※

Webサイトには、
重量超過した場合の預け入れ(受託)手荷物の追加購入に関する記載がありました。
路線によってレートが異なります。

チェックイン時に事前購入していた重量を超過した場合は、
各空港のチェックインカウンターで直接、割高の追加料金で支払いすることになります。
20キロまでは一律(735,000≒¥3,675-)で以降は1キロあたり(315,000≒¥1,575-)

搭乗ゲートではさらに高額になるので気を付けましょう。
20キロまでは一律(1,100,000≒¥5,500-)で以降は1キロあたり(450,000≒¥2,250-)

超過重量20キロまでは一律なので、
たった1キロでも超過を取られれば¥3,500-近い金額になり、
LCCで節約している意味がなくなってしまします。
30kg以上なら航空券を取り直せるくらいの金額になります。
申し込み時に預け入れ(受託)手荷物の申し込みを忘れていた場合などもあり得るので注意が必要です。

機内持込時に注意が必要な物品(液体、リチウム電池)

飛行機に乗り慣れていないとうっかりしがちな2点
● 液体
● リチウムイオンバッテリー

通常、飛行機に乗るときは、
液体(ゼリー状やパテ状のもの)は最大100mlまで、
合計1ℓまでしか持ち込みできません。

液体物は飲み物以外にもシャンプー、マスカラ、日焼け止めなども含め、
それぞれを最大100mlまでの容器に入れ、
容器が複数ある場合は
透明で開閉可能なプラスチックの袋に入れて持ち込みましょう。

機内持ち込み ボトル トラベル

機内持ち込み可 トラベル ボトル セット 化粧品 (20 x 16 x 3.4cm) (トランスペアレント/ホワイト)

飛行機 クッション 1年保証 長距離移動でも腰・お尻に優しい 飛行機快適グッズ (40×40×55cm)

 

また、100ml(g)を超える持込制限の対象となるため、
空港外で購入してきたペットボトルなどは、
保安検査場(X線による手荷物検査)で放棄しなければなりません。

手荷物検査通過後の「クリーンエリア」においては、
航空機の中にいるのと同じ扱いとなるため、
出国手続き後に機内持込用に免税店や飲食店などで購入した
免税品は無料で持込できます。
お土産はもちろん、空港内で水などを調達することも可能です。

リチウムイオンバッテリーについてはこちら

航空局の規定に基づいて設計され、機内持ち込み可能
金属筐体 モバイルバッテリー 超薄型 10000mAh
2入力 2出力 両面挿し ポート 急速充電 2台同時充電可
iPhoneX iPhone8 Plus Android タブレット 携帯充電器(ブラック)

【日本製】旅行 出張 に便利な 衣類 圧縮袋 リムーブエアー ●特許製法 逆止弁 使用● Mサイズ 10枚セット

 

日本国内空港発着のベドジェットエアの国際線

ベドジェットエアは タイ(バンコク)に本社を置くLCC(格安航空会社)で、
ベトナム(ジャカルタ)のライオン・エア(JT/LNI)の子会社です。
日本からの就航地はベトナム(バンコク:ドンムアン国際空港) のみで、
日本国内主要空港に就航しています。
千葉(成田)東京(羽田)大阪(関空)

2018年11月 8日就航 大阪(関空)⇔ ハノイ間
2018年12月14日就航 大阪(関空)⇔ ホーチミンシティに
2019年 1月11日就航 千葉(成田)⇔ ハノイ
2019年10月27日就航 東京(羽田)⇔ ダナン

日本地区総代理店  (+81 3 5937 0821) (+84) 28 3526 68 68  営業時間等の詳細はこちら

(+84) 19001886 / (+84) 28 3526 68 68 Twitter Facebook 19001886@vietjetair.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました