日本国内空港発着のスクートの国際線(直行便)9路線

スポンサーリンク

スクート(TR/TGW)ノックスクート(XW/NCT)

スクート「SCOOT」はシンガポールの格安航空会社で、
シンガポール航空から出資を受けている100%出資の子会社です。

同じくシンガポール航空から出資を受けている格安航空会社「タイガーエア」と、
2017年7月25日に経営統合し、
社名をスクート(Scoot)からスクート・タイガーエア(Scoot Tigerair)に変更すると共に、
IATA航空会社コードを「TZ」から「TR 」に変更し、
ブランドは「スクート」に統合しました。

また、2013年12月にはタイのノックエアと共同で、
中・長距離線を運航する格安航空会社ノックスクートを設立しました。

2017年12月19日より、
シンガポール 〜 大阪・関西経由 〜 ハワイ・ホノルル線の就航開始

LCC スクート(Scoot)TR/TGW の手荷物詳細

スポンサーリンク

日本国内の空港に就航している路線

スクート(TR/TGW)が  (札幌)新千歳空港(千葉)成田空港(大阪)関西国際空港
ノックスクート(XW/NCT)は(千葉)成田空港(大阪)関西国際空港を発着しています。

台湾(台北/高雄)、タイ・バンコクへ直行便8路線が運航しています。
※ ハワイ・ホノルル行きは運休予定です。

ハワイ行き1路線(関空)※ 2019年5月30日で運休予定
TR701/703/700/702便 関西(大阪)⇔ ハワイ(ホノルル)

台湾行き2路線(関空)
TR893/892便 北海道(新千歳)⇔ 台湾・台北
TR895/894便 関西(大阪) ⇔ 台湾(高雄)

タイ行き2路線(関空、成田)
TR867/866便 関西(大阪) ⇔ タイ・バンコク ⇔ シンガポール着(ドンムアン空港乗継)
TR869/868便 千葉(成田) ⇔ タイ・バンコク ⇔ シンガポール着(ドンムアン空港乗継)

シンガポール行き4路線(新千歳、関空、成田)経由便
TR893/892便 北海道(新千歳)⇔ 台湾・台北 ⇔ シンガポール(桃園国際空港乗継))
TR895/894便 関西(大阪) ⇔ 台湾(高雄)⇔シンガポール ⇔ 台湾(高雄乗継)
TR867/866便 関西(大阪) ⇔ タイ・バンコク ⇔ シンガポール着(ドンムアン空港乗継)
TR869/868便 千葉(成田) ⇔ タイ・バンコク ⇔ シンガポール着(ドンムアン空港乗継)

3路線(新千歳、成田、関空からそれぞれ1路線)が、
台湾(台北/桃園、高雄)、タイ・バンコク(ドンムアン)経由の乗継ぎで運航しています。

シンガポールまでの乗り継ぎ便の場合は、
荷物を全て持って飛行機を降りてから搭乗券を見せてトランジットパスを受け取ります。

その後は案内されたゲートへそのまま移動し、
搭乗ゲート前でセキュリティーチェックを受けます。

飛行機を降りて登場開始までの時間は、
トランジットタイム1時間のうち、
経由地の空港ショップで何か食べたり買う余裕はあまりありません。

TR893/892便 北海道(新千歳)⇔ 台湾・台北 ⇔ シンガポール(桃園国際空港乗継)
TR867/866便 関西(大阪) ⇔ タイ・バンコク ⇔ シンガポール(ドンムアン空港乗継)
TR869/868便 千葉(成田) ⇔ タイ・バンコク ⇔ シンガポール(ドンムアン空港乗継)

新千歳空港 ⇔ 台湾・台北(台湾桃園国際空港:TPE)

【TR 893/892】
札幌(新千歳空港 :CTS)⇔ 台湾・台北(台湾桃園国際空港:TPE)

新千歳空港(CTS/RJCC)に就航するLCC各社の国際線路線(直行便)

成田空港タイ・バンコク(ドンムアン)台湾・台北(桃園)

スクート(TR/TGW)が運航する国際線

【TR 869/868】
千葉(成田国際空港:NRT)⇔ タイ・バンコク(ドンムアン国際空港:DMK)

【TR 899/898】
千葉(成田国際空港:NRT)⇔ 台湾・台北(台湾桃園国際空港:TPE)

ノックスクート(XW/NCT)が運航する国際線

【XW 101/102】
千葉(成田国際空港:NRT)⇔ タイ・バンコク(ドンムアン国際空港:DMK)

【XW 111/112】 2018年10月29日(月)から就航
大阪(関西国際空港:KIX) ⇒ タイ・バンコク(ドンムアン国際空港:DMK)

関西国際空港  ⇔ タイ・バンコク、シンガポール

スクート(TR/TGW)が運航する国際線

【TR 867/TR 896】
大阪(関西国際空港:KIX)⇔ タイ・バンコク(ドンムアン国際空港:DMK)

【TR 895/TR 894】
シンガポール(チャンギ国際空港:SIN)⇔ 台湾(高雄国際空港:KHH) ⇔ 大阪(関西国際空港:KIX)
高雄を経由地として、シンガポール ⇔ 大阪間を以遠権を使って運行しています。

【TR 700/TR 701】 運休予定:2019年5月30まで
シンガポール(チャンギ国際空港:SIN)⇔ 大阪(関西国際空港:KIX)経由 ⇔ ハワイ(ホノルル国際空港:HNL)
大阪を経由地として、シンガポール ⇔ ホノルル間を以遠権を使って運行しています。

日本国内の空港に就航している主要LCC各社の国際線路線(直行便)

主要LCC各社の機内持ち込み可能なスーツケースのサイズと機能

コメント

タイトルとURLをコピーしました