新千歳空港へのアクセス(鉄道 JR快速エアポート)

新千歳空港
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国際線ターミナル拡張工事と鉄道計画も進行中

新千歳空港:New Chitose Airport
空港コード:CTS / RJCC
北海道千歳市:北緯42度46分30秒 東経141度41分32秒

新千歳空港(CTS/RJCC)に就航するLCC各社の国際線路線(直行便)

他空港はこちら▶ 仙台空港  ▶ 富山空港 ▶ 茨城空港 ▶ 成田空港  ▶ 羽田空港 中部空港 ▶ 関西空港 ▶ 福岡空港▶ 那覇空港
日本国内で国際線の発着がある空港

新千歳空港は千歳空港発着の旅客と貨物の増加に伴って飛行機の離着陸増加に対応して建設され、
1988年7月20日に開港しました。

航空自衛隊千歳基地と共用だった千歳空港南側に民間機専用滑走路とターミナルビルを新設。
千歳市街まで約6km、札幌まで約45km、苫小牧まで約21kmに立地し、
日本で初めて24時間運用(1994年6月24日~)が行われた空港です。

新千歳空港周辺のホテル事情は、
約6km(車で10分程度)の千歳市内にもホテルがありますが、
空港敷地内の国内線ターミナルビル内に エア ターミナル ホテル (Air Terminal Hotel) があるほか、
国際線ターミナルの拡張工事に伴って、
富裕層向けの高級ホテル「ポルトムインターナショナル北海道」が、
2020年2月1日に開業しました。

ポルトムインターナショナル北海道

海外からの富裕層をターゲットとしたハイクラスホテルで、
全171室の客室には3グレード用意されています。

最小のスーペリア(43㎡)108室、
ジュニアスイート(62㎡)52室
アッパ ークラスのスイート(250㎡)1室となっています。

ホテルの付帯施設には本格的な数寄屋作りの「茶室」や、
日本舞踊が鑑賞できる大広間、温浴やハイクラスレストラン、スパなどがあります。

エア ターミナル ホテル (Air Terminal Hotel)

新千歳空港ターミナル内に併設されたビジネスホテル。
新千歳空港駅から徒歩5分。
空港内の新千歳空港温泉まで徒歩3分、
エアポートヒストリーミュージアムまで徒歩4分、
大空ミュージアムまでは徒歩5分。

 

JRは単線かつ道南や道東方面へは乗り換えが必要

現在、新千歳空港のターミナルビルには地下に6両ホームが設置されています。
南千歳駅から分岐して北海道旅客鉄道千歳線の支線(空港支線)として、
トンネルを掘って空港ターミナルビル地下へ乗り入れしています。

札幌、帯広、苫小牧の3方面へ鉄道でアクセスできるのは一駅隣の南千歳駅なため、
帯広方面と苫小牧方面へは一駅乗車して南千歳駅での乗り換えが必要です。

上下列車がすれ違いをせずに1つの軌道を共用する単線のため、
運行本数が少ないため時間帯よっては、
乗り換えのタイミング次第で目的地までの到着時間に大きな差が生じます。

快速エアポートなら札幌駅まで最速37分¥1,590-

 小樽駅までは73分

(出典:JR北海道- Hokkaido Railway Company |列車ガイド(列車編成・設備・車内販売など 快速エアポート(721系・733系))

【始発】
JR千歳線 ・手稲行     新千歳空港駅  6:56発(札幌駅まで所要時間:51分)
JR千歳線・ 新千歳空港行  札幌駅     6:02発(空港駅まで所要時間:49分)

【終電】
エアポート227号 ・札幌行  新千歳空港駅 22:53発(札幌駅まで所要時間:39分)
特急すずらん12号⇒JR千歳線乗換 札幌駅 22:00発(空港駅まで所要時間:44分)

国内/国際線ターミナルビルと連絡施設

国内線ターミナルビルと国際線ターミナルビルは徒歩で移動可能(約10分ほど)です。
距離にして約300m離れています。
ターミナルビル間は2階と3階で連絡施設(開館 6:20 ~ 23:00)によって結ばれており 、
3階のスマイルロードの真ん中にはドラえもんやキティーちゃんのテーマパークがあります。
ショップにはここでしか買えない限定アイテムもあります。
ドラえもん わくわくスカイパーク 10:00~18:00(ショップは18:30まで) 』
ハローキティ ハッピーフライト 10:00~18:00(ショップは18:30まで)』

国内線ターミナルビルには
3階にエア ターミナル ホテル (Air Terminal Hotel)
4階のオアシス・パークには温浴施設(新千歳空港温泉)、映画館(新千歳空港シアター)、展望デッキなどがあります。

JR新千歳空港駅は国内線ターミナルビル地下1階に直結しているので、
国際線利用時には国内線ターミナルビルまで移動する必要があります。

ドラえもん わくわくスカイパーク、ハローキティ ハッピーフライト、温浴、映画館などのエンターテイメント施設利用者は、
A・B駐車場が3時間無料(※450円割引、複数施設利用でも重複してサービス券は発券されません)になります。

国際線ターミナルビル拡張工事

現在、北海道は外国人観光客に人気なため、
新千歳空港ターミナルビルディングは、
急増するインバウンド需要に対応するための国際線ターミナルビルの拡張工事を、
2017年今月11月9日に着工しました。

総事業費は約650億円とのことで、
旅客取扱部が2019年8月、ホテル部が2020年1月に供用開始となり、
最終的な工事完了は2020年3月末を目指しています。

この拡張工事により国際線旅客数500万人に対応できる施設になる予定で、
現存の国際線ターミナル南側を6万3000㎡を延床して約2倍に増築。
空港ビルの5~8階にはインバウンドの富裕層をターゲットにした高級ホテル『 ポルトムインターナショナル北海道 』が入居し、
このホテルには広さ250平方メートルの最上級スイートや高級レストラン、スパ、温泉を引く温浴施設も備わるとの事です。

また、現在国際線と国内線の2ターミナルですが、
これに加えて格安格安航空会社(LCC)の利用を想定した、
新ターミナルビル建設も検討されています。

道内7空港民営化と空港駅周辺の大規模改修構想

もともと1992年までは南千歳駅(旧・千歳空港駅)が空港直結の駅でしたが、
新千歳空港ターミナルビルがオープンした1992年に南千歳駅から分岐する形で、
新線として南千歳駅~新千歳空港駅間(2.6km)が開業しました。

国土交通省は2018年3月30日に新千歳空港を含む北海道内7空港を、
2020年度から一括民営化すると発表しています。
これに伴って空港運営の一括民間委託による観光客の大幅増を見込んだ、
鉄道プロジェクトがあるようです。

JR北海道や国交省からの正式な発表はありませんが、
北海道新聞朝刊(2018年5月2日付 JR経営改善も狙い 新千歳空港駅、路線改修へ
北海道建設新聞(2018年5月3日付)などによると、

現在の南千歳駅での乗り換えを不要にして利便性を高め、
運航本数を増やすことで増収に繋げるには、
行き止まり(盲腸線)となっている新千歳空港駅を通り抜け構造にして複線化する必要があります。

国や自治体の公的支援が不可欠な事業になるため、
今後はどのようなルートで建設するのかなどが検討されていくと思いますが、
実現すれば札幌方面、釧路方面、室蘭(函館)方面の全ての特急列車が新千歳空港駅を経由できるようになると思われます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました